メタルファイトベイブレード『レオーネ』盾神キョウヤのベイを紹介!

      2016/10/13

tategami-kyouya

Kazunori
ども!Kazunoriです!


今回もメタルファイトベイブレードの情報をお届けだぞっ!

またまたKazunoriの相棒であるputtyonpoからのお届けだよ。

ベイバに飽きたら気分転換にメタファイを回すってのもいいかもね~。

新品を買うと高いので、近所のブックオフとかでお買い得品を探してみてね~。

意外と掘り出しものがあったりするみたい∠(゚Д゚)/

探してね~!

スポンサーリンク

メタルファイトベイブレード

昔懐かし!メタルファイトベイブレードのご紹介(/・ω・)/

 

こんにちは!puttyonpoです!

前回はペガシスシリーズについて紹介させて頂きました(^^♪

今回の記事では、ペガシスのライバル、「レオーネシリーズ」について紹介していきたいと思います!

 

それではどうぞ!

 

永遠のライバル機!鉄壁のレオーネシリーズ

 レオーネ145D

reone

ベイブレード BB-04 スターター レオーネ 145D
ペガシスシリーズが超攻撃タイプのベイブレードなら、レオーネシリーズは超防御タイプ!

ただひたすらにディフェンス力を求めたフォルムを追及した鉄壁ベイなのです。

全方向からの攻撃を完璧に受け止める超重厚のウィールの前では、さすがのペガシスでもそう簡単にはレオーネを切り崩すことはできません。

 

相手ベイの攻撃を完全に受けきって、耐えるorはじき返すというまさに百獣の王スタイル!

まさに威風堂々!

ボトムにはD(ディフェンス)ボトムが使われており、体勢を崩されにくい仕組みとなっています。これぞディフェンスタイプベイブレードのスタンダード!

 

 

ロックレオーネ145WB

reone1

ベイブレード BB-30 ブースター ロックレオーネ145WB
レオーネシリーズ2代目!クリアウィールを身に着けさらにディフェンス力を増した新しいレオーネです。

写真を見てもらえばわかる通り、前シリーズのレオーネよりもさらにフォルムに丸みが増してますよね。

実はこの丸に近いウィールをすることによってより強力な防御力を持つことができるのです。

どういうことかというと、ウィールの突起が極限まで減らされることによって相手ベイとぶつかったときにひっかる部分が少なくなりダメージを最小限に抑えることができるのです。

つまり、相手ベイのフルパワーアタックを受けても、そのダメージがほとんど回転力に影響しない仕組みになっているのです。

 

また、このロックウィールは全ウィールの中でもかなり重量があり、どっしりスタジアムの中央部で構えると重すぎて中々吹き飛ばすことはできません。

加えて、クリアウィールのプラスチック素材によって衝撃を吸収してしまうので、このレオーネをスタジアムアウトにさせるのは至難の業といえるでしょう。

 

そして最後にボトムです。ロックレオーネに搭載されているボトムはWB(ワイドボール)ボトム!

口で説明してもなかなか伝わりにくいので、こちらの写真をどうぞ!

botm

これがWB(ワイドボール)ボトムです。

この大きな半球体がロックレオーネのディフェンス力を支えているのです。

このボトムを搭載することによって相手の攻撃を受け、体勢が崩れたときに、すぐさま体勢を立て直すことができます。

体勢が崩れたとき、ベイとスタジアムが接するのはボトムの側面部分となります。

多くのボトムでは側面が接触すると摩擦力が増えてしまい回転力を大きく落としてしまいます。

しかし、このWBボトムでは、側面もすべて球体の一点となっているので体勢を崩しても重心がすぐさま元に戻りベイ全体の重心線が垂直に戻り、回転をロスすることなく体勢を立て直すことができるのです。

 
まさに全身防御のベイ・・・・カッコいい・・・
 

Sponsoerd Link


 

ファングレオーネ130W2D

reone2

ベイブレード BB-106 スターター ファングレオーネ130W2D
レオーネシリーズの4Dシステム搭載型ですね。最大の特徴はメタルウィール!

なんとウィールが二つに分かれて組み合わせを変えることによってディフェンスモード、カウンターモードを切り替えることができるのです。

これによってこれまで防御一徹であったレオーネにさらに攻撃力を加えることができました!迫りくるベイを迎え撃つべく、ゴツゴツしたウィールで相手をはじき返すことができます。

つまり、相手の出すベイを見てモードを選択することによって作戦に幅が生まれどんなベイにも対応することができる様になったのです。

さらに、トラックには130トラックが使用されており低身長・高身長のベイどちらにもぶつかっていくことができます。

これは、のちに出てくるマキシマムシリーズのベイブレードに対抗するために生まれたトラックですね。

 

ボトムにはW2D(ウェーブワイドディフェンス)ボトムが使用されています。

このボトムは波打つ形状によってスタジアム上で側面を流れるような動きをすることができます。

WDボトムはのちに紹介するアースアクイラに搭載されており、強すぎるボトムとしてメタルファイトベイブレードの一時代を築きました。

そのWDボトムの進化版であるW2Dボトムはまさに強力無比なボトムであるといえるでしょう。

ファングレオーネは、これまでのレオーネシリーズが持っていなかった強み、そしてレオーネの弱点を完全に補った新フォルムのディフェンスベイブレードだといえるでしょう。
 

Sponsoerd Link


以上がレオーネシリーズのご紹介です。お楽しみ頂けたでしょうか( *´艸`)

次回はブルシリーズ、サジタリオシリーズについて紹介していきたいと思います!お楽しみに~~~~

 

にほんブログ村 ゲームブログ ベイブレードへ
にほんブログ村


 
ベイトピおすすめ記事



 - メタルファイトベイブレード