『イクシードイビルアイ』レビューとランコレ4をコンプした!

   

dsc_0532

Kazunori
ども!Kazunoriです!


ランダムブースターVol.4の熱狂ぶりが相当な感じのベイブレードバースト!

実はひっそりとランダムレイヤーコレクションVol.4も発売中なんですよね。

今回のレアレイヤーは『イクシードイビルアイ』

Kazunoriはあの裏技を使ってランコレをコンプです!

おいっ!それは裏技じゃないだろ!

って声が聞こえてきそう(笑)

なんだかな~。

スポンサーリンク

イクシードイビルアイ

Amazon

裏技なんて言いましたが、なんのことはありません ∠(゚Д゚)/

アマゾンでランダムレイヤーこれコレクションVol.4のコンプリートセットか買っちゃいましたのです(〃ノωノ)

だって、ガチャを回してもしも、イクシードイビルアイが出てこない事を考えたら、それこそ今後に影響しますから~(笑)

なので、被りがなく確実にイクシードイビルアイをGET出来る方法って事で、アマゾン様を頼らさせて頂きましたわっ(´;ω;`)

dsc_0528
 

レイヤー

rundumriyer4ベイブレードバーストBG-04 ランダムレイヤーコレクション vol.4 全5種セット

 

この画像のイクシードイビルアイを見ると、あまり『悪魔』的な感じしませんが、

レイヤーにシールを貼らないと、結構な悪さ加減のような気がします(笑)

なんか、おどろおどろしい色合いじゃありませんか?

dsc_0532
 

どことなく『仮面ライダーディケイド』っぽくて個人的には好きです♡

 

dhikeido
 

そうそう、

肝心のレイヤーレビューですな!

『イクシードイビルアイ』はディフェンスタイプのレイヤー。

ロックの硬さは、同じディフェンスタイプのカイザーケルべウスよりもやや緩く、アンロックユニコーンやワイルドワイバーンと比べると結構硬いっす!

そして恒例のレイヤー裏側のお山のチェックを!

ee
ロックの山は通常通りに4つ。

高低は最後の山が若干低くなっていますが、ほぼ同じ感じですね。

レイヤーの重量は約9g。

ほぼワイルドワイバーンと同じ重量です。

そしてレイヤーサイド。

ee-1
三つのビスで留まっているのも特徴なのですが、個人的に想像を膨らませたのが、画像の赤丸で囲った部分。

三つのラインが入った感じがアルファベットの『E』を演出しているのかな?

もちろん正面から見ても『E』に見えるような感じがするので、タカラトミーの狙いの演出ではないかと・・・。

細部にまで演出を施す・・・抜かりのないタカラトミー。

こんなタカラ探しみたいな事も、ファンを引き付ける要因のひとつ?

 

そしてそして、

ディスクとドライバーは既存パーツを使用しているそうですよ。

 

早速、ベイターミナルでイクシードイビルアイを使用した読者様からの情報で判明!

ベイタミーナルの画面に現れたイクシードイビルアイはウィング・ニードルだったそうです!

これは、初期型レイヤー時代の改造セットのデフォルトの仕様でしたね。

 

ベイターミナル情報をお寄せ頂きました『つっちー』さん

情報ありがとうございました!

 

Sponsoerd Link


 

おすすめ改造

当然、ガチで守りに行くなら、グラビティやヘビーディスクとなるわけですが、今回はイクシードイビルアイの形の特徴を活かした改造をやってみましょう!

いつかのブログでもご紹介した通り、イクシードイビルアイには3つのビスが留まっています。

これは!!

あの、ビクトリーヴァルキリーと同じ配置ではないですか!

完全にシンクロしてます(笑)

さすがに、ロックの硬さではビクトリーヴァルキリーよりも分が悪いので、ガンガンに責める改造はおすすめしませんが・・・。

でも、この形状を見ると『トリプルディスク』を使いたくなるんですよね~歓喜!

 

Eイビルアイ・トリプル・イ―ルディング


eeay

triple


Yealding


何となくアンバランス?

確かにそうではありますが、トリプルディスクのウエイトをイクシードイビルアイのビスの間に配置する事で、レイヤーバランスを調整。

やや不安定なベイ上部をイールディングドライバーで支える構造といった感じでしょうか。

レイヤースペックのバースト力が『2』である、イクシードイビルアイのカウンター狙いの改造です。

 

もちろんですが、玉砕覚悟でドライバーをジャギーやエクストリームにチェンジしてもいい思います。

ロックの事を考えればかなり冒険である事に間違いないのですが。

 

ただ、タカラトミー公式発表のスペックである、持久力『1』はどうかなぁ~。

実際のところ、同時期に発売された『クアッドケツァルカトル』方がまだ持久力があるような気がしなくもないw

 

なので、イクシードイビルアイを愛すべき理由をあげるとすれば、何度も言いますが『仮面ライダーディケイド』に似ていることかな♥

 

まとめ

ざっと、簡単ではありますがランダムレイヤーコレクションVol.4のレアレイヤーである『イクシードイビルアイ』のレビューをしてみました。

 

初期型のイビルアイにはコアなファンの方が結構いるので、今回のデュアル化を喜ばれている方も多いのではないでしょうか。

スペック的には初期型を上回ることは出来ませんが、ファンであればお手元に置いておいてもいいレイヤーだと思いますよ!

個人的には実際のバトルで使うよりも、コレクション的な意味合いが強いのかな?

と、思いましたとさ!

 

Sponsoerd Link


 

ベイトピおすすめ記事


にほんブログ村 ゲームブログ ベイブレードへ
にほんブログ村

 - 新商品