Kazunori
ども!Kazunoriです!

ベイブレードバースト左回転ベイの第二弾!

『ドラグーンストーム』が発売です!

バーストバージョンとなって復活のドラグーンストーム。

そのスペックは?

ロストロンギヌス並みに強いのか?

そして四転皇vs四聖獣のバトルはどっちが強いのか?

気になるね~。

Sponsoerd Link


『ドラグーンストーム』バーストver

左回転

既に皆さんご存知の通り『ドラグーンストーム』は左回転のベイ。

当然ですが、シュートするにはLランチャーが必要っす。

この辺は完全にタカラトミーの販売戦略に翻弄されている僕たち・・・。

ただでさえ左回転のランチャーの消耗が激しいのにね~(笑)

更にLランチャーを消耗しろと・・・(´;ω;`)ウッ…

 

左回転のランチャーを持ってない!

そんな方は左回転のスターター『ロストロンギヌス』を買いましょう!

 
ドラグーンストームの総重量は30.8g

重量だけで言えば超軽量のベイですね~。



そしてレイヤー単体では6.19gとデュアルレイヤーなら考えられない軽さです。

ちなにみ、他の爆転レイヤーの重量はというと、

『ドラシエル』7.52g

『ドライガー』6.64g

『ドランザー』6.48g

最後の四聖獣であるドラグーンストームが最軽量のレイヤーとなっています!



そして、気になるのがドラグーンストームのロックの固さ。

総じて爆転系のレイヤーのロックは固いのです。

ドラグーンストームも例外なく『ガッチガチ』のロックでした~。

これだけの固さで左回転となると嫌がおうにも期待してまうやろ~(笑)


ディスク&ドライバー

ドライバーは既存パーツの『エクストリーム』

ラバー部分は青になっているので、エクストリーム好きの方はコンプしておきたいパーツですね。

そして、嬉しいのはランダムブースターVol.2のイビルアイ以来のクレジットとなる『ウィングディスク』がクレジットされたこと。

バーストシリーズを初期の頃から楽しんでいる方はヴァルキリーでお馴染みでしたが、

ディアル世代の方にはレアディスクの位置づけだったのではないでしょうか。



 

最軽量ベイの誕生!!

ドラグーンS・W・X

現在、発売されているベイか中では最も最軽量の組合せ。

それがこの『ドラグーンストーム・ウィング・エクストリーム』

となります!

 
レイヤーがここまで軽量だとは思わなかったので重量のところは気にしていませんでした。

んん~、そんな狙いが隠されていたとはね~(笑)

タカラトミーしてやったり!ですなっ!

 

軽さゆえに・・・

早速、左回転の『ドラグーンストーム』を試打!

業界最軽量とあってその機動力は抜群っす。

初期に発売されたゼノエクスカリバーをお持ちのかたは、ドライバーを赤エクストリームに変えてみてください。

動きがとてもスムーズになりますよ~。(軸先が滑らかになっているエクストリームならOK)

Sponsoerd Link



しか~し!

その軽さゆえに、バーストされることが多いっ!

左回転と言えばロストロンギヌスとの比較になりますが、そのバースト耐性は比にならないくらい劣っています・・・(汗)

ロストロンギヌスとのデフォバトルでは、全くロンギヌスに太刀打ちできません。

ほぼバーストで負けます(´;ω;`)ウッ…

もちろん、左回転特有かと思われた低速バーストもできません・・・。

あれはやっぱり、ロンギヌスの重量があってこその技なんすね。

 

それと、ドラグーンストームの形状もバーストを誘発させる要因になってます。



画像のように回転方向に突き出た刃。

これがドラグーンストームの攻撃力を高めていると同時に、自身のバースト耐性を落としています。

それともう一つ。

ロストロンギヌスは右回転のベイから回転力を吸収する形状をしています。

ですが、このドラグーンストームはロストロンギヌスとは反対に、右回転のベイに回転力を促す形状。

まさに、画像の『刃』が右回転レイヤーに掛かり回転力を提供しているんすっ。

 

おすすめ改造

現段階で、これはいいよ!

と言える改造は見つかっていません ∠(゚Д゚)/

 

うそです(笑)

 

でも、アタックがダメなら持久系で・・・

そんな考えも回転力を授けてしまうベイには全くの無意味・・。

なので、ここはゴリゴリのアタック系で攻めましょう!

 

ドラグーンストーム・フォース・ジャギー















ディスクのフォースはドラグーンストームのレイヤーと形状がマッチして気持ちいい!

オーバルでも動きを確かめてみましたが、フォースの方が攻撃的な安定感があります。

そして、ドライバーのジャギー。

これはもう、優秀ドライバーなので、攻撃改造全般におすすめですね~。

 

総合的に観てドラグーンストームはあまり強くない・・・。(個人的な感想です)

左回転と期待していたぶん余計な入れ込みがあった事は認めます。

それを割り引いても主戦機としては難しいですね~。

 

こうしてみると、ロストロンギヌスのスペックが素晴らしいとわかります。

 

『四転皇』vs『四聖獣』

このバトル。

実はもっと前にやりたかったのですが、コロコロアニキで応募したドラグーンストームのゴールドVerがまだ到着してない。

応募は1月にしたので、今回のドラグーンストームが発売になる前に届くと思っていたんすけどね。

郵便局さんに応募はがき捨てられちゃったのかな~(笑)

 

そんこんなで結局、ドラグーンストームの正規発売日を迎えた本日。

改めて『四転皇』vs『四聖獣』のバトルを開催です。

 

4 on 4

対戦方式はG1大会でも採用されている『3 on 3』の4機バージョン。

対戦はKazunori  vs Kazunori.Jrとなります。



対戦結果はと言うと・・・。

四転皇の圧勝っす。

合計5バトルして、四聖獣が奪ったポイントは奇跡的に起きたドラシエルのスピンフィニッシュ。

それと、ドライガーSのゼノエクスカリバーへのバーストフィニッシュのみ。

あとは惨敗といっていい結果でした。

 

もちろん、これはシュートの技術などによって結果は変わってきますが、それでもスペックが違い過ぎる事がはっきりしました。

バーストシリーズとして開発されたベイはバーストのフィールドなら強いってことですね。

 

まとめ

今回も簡単でしたが、新発売の爆転リバイバルベイ。

『ドラグーンストーム』をレビューしてみした!

 

既に、ブレーダーの方々はゴッドヴァルキリーに目が行ってます。

話題性のあるドラグーンストームの発売がこの時期ってこも?な感じ。

 

ゴッドヴァルキリーの噛ませ犬的な扱いで、なんだかなぁ~。

Sponsoerd Link