工藤旧一
どうも、どうもどうも。高校生ブレーダー 工藤旧一です。
メタルファイトベイブレードを再現! Kudo’sカスタマイズを紹介!
 

Sponsoerd Link

『メタルファイトベイブレード』
構造を解説!

メタルファイトベイブレードはバーストと根本的に構造が違います
ここでは「メタルファイト?全く知らねぇな!!」な読者さまのために、
解説をさせていただきます!

ここで説明するのは第2世代以降のハイブリッドウィールシステムになります。初代シリーズやシンクロームシステムとは若干違います。)

フェイス


 
メタルファイトはバーストギミックがありません。
ですから完全に固定する形になります。
そこで本体を固定するのがこのフェイスです!
ネジのような部品で、固定するだけでなくそのモデルを表すマークもついています。
また、メタルでできたメタルフェイスもあります。

バーストのゴッドチップに似てますね。

クリアウィール


 
プラスチック製の丸いパーツで、ランチャーをひっかける所もついてます。
これがないと回せませんね。
星座などのモチーフを表すパーツです。

ちなみに空気抵抗以外の面でベイに与える影響はほぼありません。見た目で選ぶパーツと言っていいんじゃないでしょうか)

メタルウィール

名前の通りメタルでできた接触するパーツです。
バーストに比べアタックタイプでも比較的丸みを帯びた形状になっています。

もちろん丸くて重いものが強いです。

トラック

メタルファイトベイブレード特有の「高さを変える」という概念を持つパーツです。
またギミックを持ったものも多く、バーストのクローやサイクルのようなパーツもあります。

低重心ほど強いよ。

ボトム

現在のドライバー軸先部分にあたります。
バーストと似た構造のものも多く、ゼファーやリボルブのご先祖様もいます。

さらに驚くべきはユナイトドライバーの軸先部分はコートシャープボトムの軸先を流用したもので全く同じ形だということです!

実は私、メタルファイト世代なんですがメタルファイトベイブレードはやってないんです。
バーストを始めてから勉強したもので、メタベイを手にいれたのは2週間前なのです(泣)
今回記事に使用した写真はメタルファイトをやっていた友達のOくんに送ってもらったものです。
(ちなみにOくんは現在デュエリストです!
三年かけて完成させた自慢のシンクロデッキを使っていたのですがルール改正でシンクロが使いづらくなってデッキくずしてました。なかなかにカワイソウ…また、名探偵コナンの知識をボクに教えたのも彼です。)

ヘルケルベクスBD145DS

今回再現するメタベイはヘルケルベクスBD145DS!
え?なぜペガシスやユニコルノのような有名なベイじゃないのかって?

それはですね、ヘルケルベクスは工藤がメタベイで一番好きなベイだからですねぇ

それではヘルケルベクスBD145DSについて解説します。
彼はケルベクスフェイスを無くしたようで、「ソルブレイズ」というベイの限定フェイスをつけてますね。
まずはヘルウィール。
当時最大径だったウィールで、強力な攻撃、重量、持久力を併せ持ちます。
3つの頭をもつ地獄のワンちゃんの意匠が見られますね。
画像だと分かりにくいのですが、アニメだと目のようなディテールが確認できます。
次にケルベクス・クリアウィール。
ケルベクスモデルを表す三本の鎖がついたクリアウィールです。
そして最大のギミックをもつBD145ギミック。
BDはブーストディスクと読みます。
ダウンフォースは生みませんw
円盤部分と中心部分が切り離せて、2モードにチェンジできます。
これがヘルウィールと合体したブーストモードは、強力な防御力を生みます!
眉唾物のようですが、実際自分より低いベイの攻撃もブーストモードでいなせたようです
最後にDSボトム。
携帯ゲーム機とは何の関係もありません。
DSと書いてディフェンスシャープと読みます。
尖った軸先の周囲にガードがついています。(フリー回転機能とかはナッシングよ)

これで傾いた時に本体を支えられるんですねー。

バーストで再現!

これをバーストで再現!
レイヤーはガーディアンケルベウス。
こいつを選んだ理由は2つ!
一つ目はモチーフが同じってこと。
ま、ヘルケルベクスはボスキャラでしたがねー。
こちらがヘルケルベクスを操るブレーダーのダミアンくん。
声優さんはバーストで白鷺城ルイを演じる朴璐美さんですね。
二つ目はヘルケルベクスとガーディアンケルベウスがソックリなこと。
三匹の地獄のワンちゃんが外周にいて、三本の鎖が周りを囲うような形がクリソツ!

そして強大な持久力で相手のスタミナを奪う戦い方も再現できます

 

ディスクは7ボルテックス。
7ディスクはヘルケルベクスの重さ再現。
ボルテックスは着脱でブーストモードと通常モードが再現できます

BD145トラックは3つの突起がヘルウィールの隙間からはみ出します)

ドライバーはディフェンス。
実はバーストにはDSボトムに近いパーツがない…

そこで丸みのある比較的小さな軸先で持久力を確保しつつ、十字の支えで支えるディフェンスを装備!

バトルじゃー

今回はメタベイ再現ということで、

バーストのフラッグシップモデル:ゴッドヴァルキリー.6V.Rbとバトル

バトルリザルト

一戦目 :
ガーディアンケルベウス スピンフィニッシュ
二戦目 :
ガーディアンケルベウススピンフィニッシュ
三戦目 :
ゴッドヴァルキリー バーストフィニッシュ
四戦目 :
ガーディアンケルベウススピンフィニッシュ
五戦目 :
ガーディアンケルベウススピンフィニッシュ
ゴッドヴァルキリーの攻撃をかわしきれれば高いスタミナで余裕勝ちを収められました。

しかし加速攻撃がうまく決められると耐えきれずバースト…という感じでした。

 

まとめ&ネクスト工藤ズヒント

今回はメタベイ再現でした。
このヘルケルベクスはなかなかの強ベイで当時デスサイザーの如く、
大会を荒らしていたベイのリブラを越える!(だったっけ?)というキャッチフレーズも納得の強さでした。)
アニメでもめちゃくちゃな強敵として登場し、主人公の銀河や仲間の正宗も驚いてましたねー!
懐かしい!
ダミアンvs両回転ベイ・グラビティペルセウス使いの
シーザーの戦いは工藤イチオシ!
メタベイのアニメらしいベイバトルなのに
魔法的なものを使うシーンや破壊力を目の当たりにできて面白い!

時間があったら見てみてください!

ネクスト工藤ズヒント!


ドレインファブニル!

第二回工藤杯対戦リスト

リストが遅れてすみません!
バグってコメントできませんでした…

しかも対戦リストだけがコメントできないという不運さ…

dF.4M.O vs kS.8V.Y
kD.Q.Lp vs sΩ.7F.Pl
aC.G.T vs X2.G.Y
bR.8M.U vs U2.8M.Nt
bJ.P.Gr vs M2.Q.A
J2.H.Cy vs L2.5V.Pl
W.Q.S vs H2.8V.O vsK2.8M.Hn
Y.7F.At vs O2.Q.B

(三機書き込まれた部分は三人対戦です)

工藤が結構忙しいので工藤杯の記事遅れるかもしれませんが、

結果をお楽しみに!

それでは、次回の記事でお会いしましょう!

Sponsoerd Link