Kazunori
ども!Kazunoriです!

11月12日追記!!

ベイブレードバーストゴッド新商品!
B-98「神改造セット」ディープカオスが遂に発売!

デュアル世代を飛び越したディープカオスを
レビューしてみます!

右回転期待の吸収ベイ
ディープカオスは最強になるのか?

どんな改造が向いている?
主力ベイになるのならないの?

クリスマスに子供へのプレゼントに!
という方は予約しないと売り切れ必須!

見てね~。

Sponsoerd Link


ディープカオスレビュー

レイヤー

既にご存じのように、
ディープ超すレイヤーには外周刃が
上下するスプリングレイヤーが最大の特徴。

接触することにより、
レイヤー全体が下がるというよりも、
接触面のレイヤー部分が下がり、
衝撃を吸収してくれる感じです!

まぁ~、言う所の「サスペンションレイヤー」
といった感じです!

レイヤーの重量は10.1gと、
ガーディアンケルべウスとほぼ同じ。

傾斜がある分、他のゴッドレイヤーよりも
小さく見えますが、径の大きさは一ほぼ一緒。

そして、気になるロックですが、
ロックの山は4つ。

「ディープカオスゆっる!!」

と思われるくらい、デフォルトの
ディープカオスのロックは緩いです(笑)

これは、レイヤーのロックではなく、
ベアリングドライバー性能の問題。

この性能については、のち程解説します。

ちなみに、ベアリングドライバー以外の
ドライバーでロックを確認すると、
ガーディアンケルべウスよりも固く、
神改造セットに同梱のアークバハムート
を遙かに越える、ロックの固さですよ!


なので、ディープカオスのバースト耐性を
上げたいという事であれば、
ベアリングドライバー以外のドライバーで
改造が必要ということですな!

ベアリングドライバー

ディスクとフレームは既存パーツなので
すっ飛ばします(笑)

今回、新規レイヤーと共に、
注目が高かったのがベアリングドライバー。

なにせ、無尽蔵の回転を生み出す、
ベアリングが内臓されたやっベイ奴なので、
嫌がおうのも期待が集まります。

先ずはドライバーの重さから。

ドライバーの重量は6.2g。
ベアリングが内臓されているわりには、
結構軽めっす!


そのベアリングは、鉄製なので
水分は厳禁です!

ベアリングが錆てしまい、
ベアリングドライバーの良い所が
なくなってしまいます(笑)

ちなみに、無限ベイスタジアムにも
ベアリングドライバーは反応すりので、
オリジナルな楽しみ方ができます!

で、

ベアリングドライバーの問題の部分。

これは、ベアリングドライバーの内臓されている
スプリングがポイントです。

通常のスプリングは銀色。
今回の神改造セットに同梱の
アトミックドライバーも同様に
銀色のスプリング。


(ドライバーの溝から銀色のスプリングがみえるでしょ!)

これに対して、ベアリングドライバーと言うと、
内臓のスプリングが「黒」
ブラックスプリングなんす。


過去のドライバー達も確認しましたが、
黒いスプリングのドライバーは
ベアリングドライバーただ一つ。

ベアリングの性能とバースト耐性とのバランスを
考えたタカラトミーのウルトラCと言うべき
秘策と言っていいでしょう!(笑)

なので、ベアリングドライバーを使うという事は、
バースト耐性を引き換えにスタミナを
手に入れるという事になります。

もし、
ベアリングドライバーの内臓スプリングが
銀色であれば、それは・・・
激レアドライバーって事になります!

直ぐにメルカリに出品して、
10万円で売りましょう(笑)

いや、それ以上の価値があるかもよ~(笑)
(9割冗談で言ってます(笑))

さてさて、
あなたならどちらを選ぶ!?

決めるのはアナタ次第!!

きゃはっ(笑)

ディープカオス改造

ベアリングドライバーの特徴が分かったところで、
ディープカオスのおすすめ改造です。

と、言っても、
レイヤーの形状からして、
如何にスタミナを活かして、
スピンフィニッシュを決めるかが
改造のキーポイントです。

それと、ディープカオスの個体差について。

Kazunoriはディープカオスを2つ所持していますが、
ベアリングドライバーとレイヤーの相性は、
A1(レイヤー裏側に記載されている)の方が
ロックが固い感じがしました。

また、ゴッドチップは金色のゴッドチップ
装着することで、ロックが固くなったように
感じています。

お試しあれ!

ディープカオス・セブン・ベアリング












スタミナ王道の『セブン』ディスクを使用した、
スタミナ改造っす。

フレームを付けたバージョンも試したのですが、
ディープカオスはフレームなしの方が
バースト耐性が高い気がしたので、ここは
あえてノンフレームで行きました!

この改造、
マキシマムガルーダにも勝てる
スタミナ改造となっております!

お試しあれ!

ディープカオス・エール・ベアリング












Kazunori一押しの改造がこれ!

なぜか、エールディスクがベストマッチ!

マキシマムガルーダが、
ディープカオスレイヤーの下に潜り込んでも、
エールディスクの特殊形状でいなし、
且つ、スタミナを奪います。

もちろん!ドレインスピンにも対応。

コツは当たりまえですが、
ドレインファブニルよりも弱気のシュートを
放つこと!!

これで、環境ベイの2強を倒すことができます!

ただ、ベアリングドライバーなので、
バーストの怖さが常に付きまとう・・・

ディープカオスとオービット&リボルブ

やはり、スタミナ系改造となると、
この二つは外せないですな。

Kazunori所持のオービットとリボルブは
ベアリングドライバーに比べると、
ディープカオスのロックは固くなります。

どちらかといえば、オービット方が
ロックが固くなる印象ですね。

ただ、どちらもスタミナと安定度が
ベアリングドライバーよりも下がるので、
この辺はどちらを取るかがポイントとなりそう。

どれを選ぶかは、あなた次第!!

環境ベイが横並び!!


「ナイトメアロンギヌス」
「ディープカオス」の登場で、
環境ベイが横並びの状態に・・。
この改造で必ず勝てる!!
といった、改造が多くなってきました。

G4大会でもどのベイで勝負するかによって
勝ち負けが変わってきます!

勝負ベイは数種類もっておいた方が
いいですね!

Sponsoerd Link



次のページは過去記事となっています!
神改造セットの復習にお役立下さい!

Sponsoerd Link