工藤旧一
どうも、どうもどうも。高校生ブレーダー 工藤旧一です。

どうも、どうもどうも!
工藤です!

ベイブレードのライトランチャーが
次から次へと故障!?

ライトランチャーもう手に入りづらいのに・・・

という訳で、
今回は空回りするようになった
ベイブレードのランチャーを
簡単に修理できる方法をお試し!

ベイランチャーやソードランチャーも
これで直せます!

※今回紹介する方法はランチャーの分解を含むため
大会では使用不可となります。
予めご了承下さい。

Sponsoerd Link

全ランチャー共通空回り対処

まず、
ランチャーの裏側の黒いリング状の
パーツを外します。

ドライバーが必要になります。


外しました。


ベイランチャー、ソードランチャーだとこんな感じ。


そこから、ベイを装着する部分を外します。
結構力いります。


すると、この白いパーツが出てきますね。


これがランチャー空回りの元凶。

このパーツの出っ張り部分が削れることで、
回転がうまく伝わらなくなるのです。


これを解決するためにどうするかというと、
まずこれを引っ張って外してください。

それからこのパーツに、
セロテープを巻き付けるんです。

削れた出っ張り部分に、
セロテープを巻き付けていきます。


6~7cmのセロテープを、
ぐるぐる巻き付けていきます。


両側の削れた出っ張りにセロテープを巻き終わったら、
同じようにしてランチャーを組み付けます。

これで元通りに使えるようになりました!

セロテープですので、
削れてまた空回りするようになるということは
ないと思います。

これで治らなかったら単純に
ランチャーの寿命だと思いますので、
観念して新しいものを購入することを
おすすめします。

まとめ

まとめとしては、
ベイブレードバーストシリーズのランチャーは
メタルファイトシリーズに比べて
壊れやすいと言われています。

少しでもランチャーを長持ちさせるために、

「ランチャーにベイブレードをセットしたときにカリカリしない」

これが重要です。

このことについては、
有名ベイブレードユーチューバーのレオトイさんが
動画にされておりますので、そちらをご覧下さい。

Sponsoerd Link

ネクスト工藤ズヒント

ネクスト工藤ズヒント!


金メダル!
それでは、また次回の記事でお会いしましょう!
工藤でした!

Sponsoerd Link