工藤旧一
どうも、どうもどうも。高校生ブレーダー 工藤旧一です。

ベイブレードバースト神シリーズ史上、
神改造セットの次くらいに大盤振る舞いのブースターアマテリオス.7M.Xが発売!

これまでのパーツとの変更点や、
ゴッドシリーズとも渡り合う改造を
紹介していきたいと思います!

Sponsoerd Link


邪神アマテリオスレビュー

アマテリオスレイヤー

さあ、初代伝説ベイを開封!



かっこいい!

プラチナver.やベイターミナル版よりも
荘厳な雰囲気を纏っています。

こいつ全部塗装なのでシールありませーん。


レイヤー重量は8.7g

ゴッドシリーズだと
ブレイズラグナルクに近い重さです。
(台所から借りてきた計りなんだ…気にしないでくれ…)

ちなみにアマテリオスは
シングルレイヤー最重量なんですよ!


レイヤー裏側はこんな感じ。

左:ベイターミナル版
右:邪神アマテリオス ブースター版

レイヤーに構造の変更点は
見受けられませんでした。

7Mディスク


7Mディスクは
現時点で準最重量のディスクです。

大会でもマキシマムガルーダ.7M.Oは
かなり多く見受けられます。

非常に使い勝手のよいディスクです。

また、
塗装された7ディスクが
一般に販売されるのは初めてです!
(実は塗装されてても重量はほぼ変わらないんだよ)

また、
赤いメテオフレームは
ギャラクシーゼウス付属のメテオフレームよりも
薄めの赤になっています。

メタリックカラーで、クリアではありません。

エクストリームドライバーが…
おかしい!?

今回再録された
エクストリームドライバーのラバーは黒。

2015年の冬のWHFで販売された
「金のエクスカリバー」
以来の黒ラバーエクストリームです!

ラバーは硬め。

ちょうど「再販エクスカリバー」の
エクストリームのような硬さです。

これはそこそこ動き悪いのかな…
と思ってたのですが、
結構いい動きします。

このエクストリームはなかなか当たりだ!
と思っていた矢先…

なんかスタジアムに黒いのついとる…

そうなんです、
ラバーが削れたのか色移りしたのか、
スタジアムに黒い跡が付着します。

僕は黒いスタジアムだったので
目立ちませんでしたが、
白いスタジアムを使っている方は
色移りにご注意下さい。

硬いラバーの割に削れやすいようです。

動きはなかなかいいですよ!

あと、
僕のエクストリームは軸先えぐれてました…
初期不良です…

使用感

アマテリオス.7M.X、
かなりいいです!

レイヤーはレアパーツ、ディスク・ドライバーは
超優秀というお買い得ブースターという
だけではありません!

見た目が凄くかっこいい!

そして、
新品エクストリームの鋭い動きも相まって
非常にバースト力が高いです!

重いディスクを採用していたり、
ロックへの負荷が
かなり大きい形状であることもあり、
自身がバーストすることもしばしばありますが、
このデフォルトのままでも
デュアルシリーズまでの
ほとんどのベイはバーストできます!

正直、
レアベイゲットバトル版、
ベイターミナル版、
3DSソフト付属版のデフォルトだった
「アマテリオス・エアロ・アサルト」
より使いやすいです。

このブースター、買いですよ!

アマテリオス最強改造!

アマテリオスレイヤーの特徴は、
その巨大なアッパー刃。


※写真はベイターミナル版です

これが攻撃力を高めると同時に、
自身のバースト耐性を低くしています。

これを解決するためには、

・軽いディスクor偏重心ディスク
・軽快に動くドライバー

という事でこれに準じて
セレクトした改造がこちら!

アマテリオス.トリプル.アイアン








偏ったレイヤーとディスクで
ブレながらスタジアム中央の相手ベイを
掠めとるような攻撃を繰り出します。

アイアンドライバーで機動力と
ある程度の持久力も担保した
万能系アタックタイプです!

アマテリオス.クオーター.ハンター








こちらは扱いやすさ重視です。

ハンタードライバーの高機動で
素早い連続攻撃を繰り出し、
スタミナが切れる前に
相手をバーストさせるアタックタイプです。

エクストリームでもいいかな?

個人的な意見ですが、
アマテリオスレイヤーは
あまりディフェンス・スタミナ改造の
向かないレイヤーだと思います。

Sponsoerd Link



アマテリオスはアタックタイプの醍醐味である

「強攻撃でバーストを狙う」
「スタミナはあまりない」
「使って楽しい」

これをうまく体現化している
レイヤーだと感じました。

そしてこのレイヤーが
シリーズ最初期からいたのが驚きです!

こいつ超楽しいので、
皆さんも是非使ってみてください!

それではまた次回の記事でお会いしましょう!
工藤でした!

Sponsoerd Link