Kazunori
ども!OJB Kazunoriです!

元世界最強のブレーダー、
クルツ・バラティエのベイ、
「ビートククルカン」の改造レビューです!

ビートククルカン最強改造で
世界1位へ返り咲きは出来るのか!?

誰が?www

そして、今回もランダムブースターVol.9の
レアベイの当て方を探る旅へ・・。

行ってきます!

Sponsoerd Link


ビートククルカン.7U.Hu

ランダムブースターVol.9

そういえば、
2016年のランダムブースターVol.5 では
レアベイであるギガントガイアが
なかなか当たらず苦労しました(笑)

今回のランダムブースターVol.9では、
購入6つに対して被りなし!

何で6つしか買ってないのかって?

朝一で行ったお店に
ランダムブースターVol.9 が6つしか
在庫してなかったから!!

まぁ~、基本的にそのお店はwbbaの
公式店ではないので、しょうがないっちゃ
しょうがないのですが・・・。

店員さんが、
リザーブしちゃったかのかな?www

そんな話はさて置き、
ランダムブースターVol.9のレアベイ
「ビートククルカン」を見てみましょう!

ビートククルカンレイヤー

先ず最初の特徴として注目なのは、
メタル非搭載なのに、めっちゃ重いってこと。

メタル搭載なしの「14.47g」は、
レジェンドスプリガンよりも重い
レイヤーとなおります(汗


レジェンドスプリガンよりも
約0.1g重いのです・・・

これは、スピード改造よりも
重厚な改造で臨んだ方がよさそうだwww

さらにです!

ビートククルカンのロックが
ムッチムチのムッチムチのムッチムチ!

バッキバキのバッキバキのバッキバキ!

ガッチガチのガッチガチのガッチガチ!

・・・・・伝わったでしょうか(笑)

それくらい、
ビートククルカンのロックが固い!

ちょっと大げさかな・・・。
ですが、ジークエクスカリバーと同等か
それ以上といっていいでしょう!

実際に触ってみないと分からないと思いますが、
一応、画像でご確認を・・・・。

アンダーフレーム

こちらは新規パーツの
「アンダーフレーム」


いままでのフレームは、
レイヤーに向かってせり上がる構造でしたが
このアンダーフレームはその逆。

レイヤーに対して山型になります。

下からの攻撃もそうですが、
重心がやや下側になるので、安定性が
若干上がると思われます。

それと、
下向きにフレームのエッジが効いているので
アトミックやベアリングドライバーを
使用したときの最後の1回転や
半回転に効果がありそう。

この辺は、環境ベイと組みあせてみて
調整をしてみよう!

7ディスクとハンタードライバーは
既存パーツなのでレビューは割愛です!

あしからず。

ビートククルカン最強改造

ビートククルカン.Q.Pl




アタックタイプなので、
偏重心のディスクと攻撃的はドライバーを
チョイスしていたKazunori。

でもなんか、
しっくりした動きにならないのです。

やはりここは鉄則の、
重量系レイヤーには重量系ドライバー!
ってことで、プラネットドライバーをチョイス。

これが見事にいい仕事をしてくれます!

vs スプリガンレクイエム.0.Zt

バトルのお相手は、
同日発売の「スプリガンレクイエム.0.Zt」

デフォルトですが、
十分はお力をお持ちの神ベイですね。

スプリガンレクイエムですが、
ランダムにスタミナ、ディフェンスタイプを
切り替えてバトルしました!

スプリガンレクイエムはKazunori.Jr、
ビートククルカンをKazunoriがシュートです。

オーバーフィニッシュ
オーバーフィニッシュ
バーストフィニッシュ
バーストフィニッシュ
オーバーフィニッシュ

いきなりの5連勝!!

上手く行きすぎの結果ですが、
やはり重量があるので、
ガチンコオーバー決着が多めです。

そして、ロックの方固さが功を奏して
バーストもありです!

ただ、その後は、
スプリガンレクイエムのアタックモード
の前には歯が立たず・・・。

でした・・www。

それでも、他のベイ相手では
バーストフィニッシュ連発!!

小刻みに揺れてのカウンターバーストが
魅力ですね~。

今後も研究を重ねます!!

ランダムブースターVol.9の当て方?!

さて、
毎回の悩みの種である、
ランブーのレアをいかに当てるか・・・。

今回、Kazunoriは6箱買って
奇跡的に被りなしの結果に。


このランブー9達を軽量してみたのが
こちらの画像です。

Kazunori的には、見た目や感触での
判別は不可能に近いのではと思ったりして。

ただ、今回のドランザーF、ヴァルキリーは
ダミダンがしっかりと入っていたので
箱の圧が若干違っていたのかも。

消去法で選んでいけば、ビートククルカンに
たどり着ける近道になるかもでね。

「ビートククルカン 90.73g」


「ドランザーF 89.28g 」


「マッドミノボロス 89.41g」


「ヴァルキリー 89.81g」


「ギガントガイア 89.58g」


「ブラストジニウス 90.45g」


クライスサタン、
ガーディアンケルべウスは
購入できませんでしたので、
計測はできていいません。

なかなか、お店でスケールを使って
ランブーを計量するわけにもいきませんが
名目上は90g以上のランブーを買えば
ビートククルカンに出会える可能性も。

さぁ~、
行動するかしなかは、
あなた次第!!

Sponsoerd Link


まとめ

ビートククルカンのKazunori的改造と
ランダムブースターVol.9 のレアの
当て方みたいなもの・・・。

を、ご紹介してみました!

実際のところ、ランブーに関しては
運と神のみぞ知る的な部分がとても大きい!

タカラトミーもあの手この手で
対策をしていますからね~。

そうそう、
ランダムブースターのレア2枠の
ドランザーFは旧一君がレビューしています!
こちらもチェック宜しくです!

>>ドランザーフレイムの最強改造は?爆転リバイバルベイは強かった!

Kauznoriは持っていないので
確認できませんがでしたが、
ビートククルカンはアリティメットリブートとの
相性がよさそうな気もしています!

その辺のレビューもお待ちしております!

Sponsoerd Link


Sponsoerd Link