Kazunori
ども!OJB Kazunoriです!

前回のフォルネウス検証。

お読み頂いた読者様から、
再度の検証をお願いします!

とのリクエストがあったので、

エンペラーフォルネウス.アウター.Brと
スプリガンレクイエム.0B.At(右)との
バトル検証を行ってみました!

そだね~!

ベアリングちゃんは、
意外と同回転のアトミックに弱かったりするので、
これは検証のしがいがありやすwww

そうなったのかな?

見てね~。

Sponsoerd Link


スプリガンレクイエム.0B.At

前回の記事は、
エンペラーフォルネウス.Ω.Brで
「スプリガンレクイエム.0B.Br」
の対策とした、検証記事でございました。

また、その他、
環境下にある主要ベイとバトルをして、
エンペラーフォルネウス.Ω.Brが
どれだけ強いのかを見てみたわけです。

↓その記事はこちらでチェック!↓


結果から言うと、
環境レイヤーでベアリングを装着したベイには
かなりの勝率であった・・・・。

ってことなのですが、

そんな中、
こんなコメントをお寄せ頂きました!


名無しさんより

sR0BAt右との相性はいかがでしょう?
ご検証願います。

スプリガンレクイエム.0B.Atと
エンペラーフォルネウス.Ω.Brのバトルは
どちらが優位であるか?!

といった内容とKazunoriは読み解きましたぞ!

なるほど~。

同回転には苦戦するベアリングドライバー。

相手がアトミックの場合は
ハイコストのエンペラーフォルネウスは
どうなるのか!!!

これは、確かに見ものです!

という事で、早速検証して見ました!

Sponsoerd Link


どっちが強い?!

今回は全10バトルを敢行!

使用ベイは、
エンペラーフォルネウス.Ω.BrをKazunori。

スプリガンレクイエム.0B.AtがKazunori.Jrと
なっております。

もちろん、インチキなしの
ガチンコ親子喧嘩バトルとなっております!

各パーツ共に、
Kazunori家最上級の個体を使用した、
スーパーエクセレントベイカスタマイズと
なっておりますよ~。

そうそう、肝心なところね。

スプリガンレクイエム
右回転でバトルします!

ちなみに、左回転でバトルした場合は、
エンペラーフォルネウスの圧勝となります。

対戦結果

早速結論から。

こちらが対戦結果でございます。

エンペラーフォルネウスVSスプリガンレクイエム

【エンペラーフォルネウス】
1.〇(スピン)4.〇(スピン)6.〇(オーバー)
9.〇(スピン)

【スプリガンレクイエム】
2.〇(スピン)3.〇(バースト)5.〇(スピン)
7.〇(バースト)8.〇(スピン)10.〇(スピン)

アトミック装着した、
スプリガンレクイエムは、
「アウター.ベアリング」の組合せには
やや優位なのかもしれません。

もちろんベアリングの個体差で、
結果は変わってきますが、
相対的に判断した場合、
相手のベイが「アウター.ベアリング」の
組み合わせであれば、同回転をチョイスする。

これが、一番いい対策なのかもしれませんね。
(ご自身がスプリガンレクエムの場合)

また、今回の検証で一つ気付いたこと。

エンペラーフォルネウス.Ω.Brは
ロックが2つ以上ズレると、
バランスが悪くなり、
かなりのスタミナロスをする感じです。

今回の検証でも、エンペラーフォルネウスが
スピン勝ちしたときのロックは一つズレ以内。

逆にスピン負けした時は、
2つ以上ロックがズレておりました。

ディスクの爪の部分と
レイヤーのメタル部分の重量バランスが
微妙に作用しているのかもしれませんね~。

どれが一番いいの?

じゃ~、どの改造が一番いいんじゃいっ!

と、突っ込まれそうですが、
今のところ、これがベストと言った改造は
断言できない環境にあると思います!

平たく言えば、
環境上位にあるパーツを使えば、
どの組み合わせでも勝てる可能性は
あるっちゅ~ことです。

あとは、物理的な要素と
心理、技術的な要素が相まって、
勝負が決する感じですね。

もちろん、研究、対策といった
事前の準備も大事になってきますよ!

そして、最後に、
自分のエースベイを信じること!

アニメではありませんが、
最後はここに尽きます!

まとめ

今回の検証で、
伝説のアウターディスクが無敵ではない事が
おわかり頂けたと思います!

相手がどんなベイであれ、
その時はダメでも、後に対策はできるので、
諦めないで行きましょう!

とは言っても・・・・

Ωパーツは欲しいですよね~wwww

今回、コメントを下さった、
「名無しさん」

貴重なご意見をありがとうございました!

Sponsoerd Link