工藤旧一
どうも、どうもどうも。高校生ブレーダー 工藤旧一です。

ベイブレードバースト最終シリーズと予想される
「ベイブレードバースト超Z」

超ゼツまで進化を続け、
活躍してきたベイブレードたちがいます。

今回はそのようなベイの軌跡を紹介!

今回は初代主人公機
「ヴァルキリー」シリーズを紹介します。

Sponsoerd Link

【ヴァルキリー・ウイング・アクセル】

ベイブレードバーストの
主人公機として登場した初代ヴァルキリー。


メタルファイトベイブレードの
主人公機「ペガシス」シリーズを彷彿とさせる
青い三枚刃のアタックタイプで、
アタックドライバーの標準系と言える
アクセルドライバーを装備。

強烈な攻撃を繰り出せる優秀なアタックタイプで、
ゴッドシリーズとも改造次第で渡り合えます。

非常に人気があり、
ゴッドシリーズのランダムブースターvol.9にも
収録されたほどです。

ただ…ロックがすぐ…削れる…

ロック部分がABS素材で
かつ細くなっているのでロックがすぐ
ダメになります

これに悩まされた人も多いでしょう
この問題は邪神ヴァルキリーから
改善された模様です。

Sponsoerd Link

【ビクトリーヴァルキリー.B.V】

二代目ヴァルキリーとして
デュアルレイヤーで登場した
ビクトリーヴァルキリー。


大きな特徴は
何といっても大きな三枚刃と
覚醒するヴァリアブルドライバー。


使い込めば使い込むほど
太くなっていくラバー軸による
爆速の攻撃は強烈な印象を残しました。

発売当初は
「ヴァリアブルドライバーの粒がすぐ取れる」
「レイヤーの持久力が落ちた」
「レイヤーがすぐにリアルバーストする(壊れる)」

と不評でしたが、
レイヤーのリアルバーストが改善され
ドライバーの特性も理解されるようになると
人気機種になりました。

しかし、
大きな三枚刃への負荷は大きく
リアルバーストが続出し、
二回も金型が変更された珍しいレイヤーです。

Sponsoerd Link

【ゴッドヴァルキリー.6V.Rb】

「神能力」を搭載した
ゴッドレイヤーのヴァルキリー。


ゴッドヴァルキリーの神能力は
「バウンドアタック」

内蔵されたバネによって
外周の三枚刃が縮んでから戻り、
追加攻撃を与える能力です。

実際のところは
このバネはサスペンションのような効果を生み、
レイヤーの被バースト率をぐっと下げてくれます。

しかし、
不良からは逃れられない運命のヴァルキリー。

ドライバーのリブートに不良が多く問題になりました。

Sponsoerd Link

【撃ゴッドヴァルキリー.6S.Ul】


ゴッドヴァルキリーレイヤーに
専用のゴッドチップ「撃ゴッドチップ」を
装備することでバウンド刃を縮め、
常に最大火力!というコンセプト。

サスペンション効果を失ったことで
レイヤーの被バースト率は上がりましたが
その分攻撃力も上昇。

フレームは三枚刃のボルテックスから
5枚刃のスターに。

ドライバーはリブートから
アルティメットリブートに変更され、
公式いわく「究極のアタックタイプ」です。

【ウイニングヴァルキリー.12.Vl】

世界チャンピオンになった
2年後のバルトが操る超ゼツヴァルキリー
「ウイニングヴァルキリー」


形状はビクトリーヴァルキリーや
撃ゴッドヴァルキリーからの正統進化ですが、
面で殴るのではなく突き刺すような
形状になっています。

これにより
自身へのダメージを最小限に抑えつつ
相手に大きなダメージを与える
アタックタイプの鏡のようなレイヤーになりました。

現段階で歴代2位タイの重さを生かした
強烈な攻撃は左回転のスプリガンレクイエムを
いとも簡単にバーストするほどです。

【ヴァルキリーシリーズの特徴】

やはりヴァルキリーといえば青い三枚刃。

加えて、
ビクトリーヴァルキリー以降は
かなりスピードの出る軸を装備する傾向にあります。

ヴァリアブルドライバーやブーストディスク、
ボルカニックドライバーなど
カルト的人気を誇るパーツが収録されやすいかも…

また、
ビクトリーヴァルキリー以降は
必ず緑色のカラーバリエーションが
登場するという謎のジンクスもあります。

広告

歴代のヴァルキリーは
こちらから購入できます!

Sponsoerd Link