工藤旧一
どうも、どうもどうも。高校生ブレーダー 工藤旧一です。

今回は、もともと偏重心に設計されたレイヤーであるバスターエクスカリバーにレベルチップを付けて何か効果があるのか?について検証します!

と、思っていましたが…
バスターエクスカリバーレイヤーは予想に反して安定するレイヤーでしたので、代わりにその安定を手懐ける改造をご紹介します。



 

エクスカリバーの設計が変更されている?

バスターエクスカリバーの箱に写っているバスターエクスカリバーと、読者様ご自身のバスターエクスカリバーを見比べてみてください。


箱に写っているエクスカリバーは左右対称ですが、製品版では左右非対称になっています。
メタル剣も製品版はパッケージのものと比べて位置が後退しています。

また、ノーマルモードでの剣の長さ、バスターモードでの剣の伸び具合、メタル剣の下の青いプラスチックの形状など微細な変更が多く加えられています。

コロコロチャンネルやタカラトミー公式のチャンネルの動画で紹介されているのがパッケージ記載のものと同じです。仮にこれをプロトタイプと呼びましょう。

堀川氏の操るプロトタイプのエクスカリバーはしっかりと偏重心らしいブレを見せています。
これに対して製品版は、重量配分は偏っているのですが重心が安定してしまいキレイに回るのです。

「ブレないエクスカリバーはエクスカリバーに非ず」という信条を持っていた僕には衝撃的でしたね。

バスターエクスカリバー.0H.At





ブレないレイヤーをどうブレるように処理するのか。

これにはディスクやフレーム、ドライバーで偏重心を付加する他ありません。

そのため、重い0ディスクで重量をあげつつヒットフレームでブレを与えます

また、アタックタイプとしては比較的ロックが緩くバーストしやすさもあるレイヤーをアトミックドライバーでカバーし、その動きによりカウンターを決めまくるディフェンスタイプの改造に!

バスターエクスカリバーレイヤーは持久力がないので基本的には短期決戦狙いのカウンター改造です。

バスターエクスカリバー.1H.X(X´)





王道の攻撃軸、エクストリームを採用してガツガツ殴ります。

1ディスク、ヒットフレームで偏重心化を図り、より前半の一撃の重さを意識した改造です。

また、今月号のコロコロコミックの応募者全員サービス「ヤミテリオス.0.X´」に付属するエクストリームダッシュドライバーはバネが強くラバーが柔らかいためグリップ力とバーストしにくさを両立できるためおすすめです。