工藤旧一
どうも、どうもどうも。高校生ブレーダー 工藤旧一です。


今回は蒼井バルトの最新型「超Zヴァルキリー.Z.Ev」を紹介します!

世界チャンピオン返り咲きを狙うバルトの新ヴァルキリー、その性能やいかに?

Sponsoerd Link





 

超Zヴァルキリー.Z.Ev



まずはレイヤーの超Zヴァルキリー。

第一印象はデカい!

 

スマートな印象のウイニングヴァルキリーと比べても、かなりマッシブに進化しているのがわかります。

この厚みは超Zアビリティ「超Z覚醒」のギミックによるもの。

全力でシュートすることで赤い「超Zウィング」が開き、バーストストッパーが展開。

超Zウィングが相手の攻撃で閉じられない限り、最後のロックが外れない無敵モードとなります。

 

なお3つある超Zウィングのうち、バーストストッパーと連動するのは1つだけ。

この1つがなかなか開きづらく、子供には超Z覚醒結構きつそうです。

直径もウイニングヴァルキリーより一回り大きくなっています。

 

メタルは外周と中央部分に少しあるだけですが、厚さと大きさで21.0gという重量を稼ぎだしています。

このレイヤーはかなり打撃力が高く、一発の重みが強いです。

アーチャーヘラクレスやエンペラーフォルネウスなど、これまでバーストが困難だったレイヤーからも簡単にバーストが取れます。



ゼニスディスクはすごく大きいディスクです。

重量は24.7gと、その見た目からは想像できない重さを秘めています。

これも径が大きいので、アタックタイプの改造にはかなり活躍するでしょう。



エボリューションドライバーはビクトリーヴァルキリーの「ヴァリアブル」ドライバーの進化版。より高くなっています。

高くなったことにより、軸先が削れて覚醒しても低くなりすぎないというのが特徴です。

軸のラバーはかなり固いので、覚醒させるのが面倒な人は「研磨機」こと超Z無双スタジアムのダブルハリケーンモードを使うといいと思います。

超Zヴァルキリーのおすすめ改造

超Zヴァルキリー.10D.X´









レイヤーの打撃を最大限に活かす改造です。

攻撃に長けたダガーフレームと形の似た10ディスクを合わせ、
さらに超Z覚醒とダッシュドライバーで被バースト率を極限まで落としたアタッカーです。

超Zヴァルキリー.0B.At









レイヤーの重みをカウンター防御に利用。

アトミックで左右どちらの回転の相手でもある程度の有利をとりつつ、0バンプでカウンター防御を固めます。

まとめ

使ってみた感想としては、かなりの良パーツ揃いのスターターなのではないかと思います。

11月からのインフレの到来を感じさせるベイでありつつ、超Z覚醒やドライバーの覚醒などの使い込み要素もあって初心者のファーストベイにぴったりだと思います。

この記事をお読みのかたでまだてに入れられてない方、是非ご購入を。

Sponsoerd Link