Kazunori
ども!OJB Kazunoriです!

2019年最初のベイブレードG1大会が迫って参りましたね。

2019年のG1大会はちょっと特殊な感じで行われます。

 

いつものノリで行くと、出場できません!

なんて、こともあり得るので、しっかりと確認して起きましょう!

Sponsoerd Link


 

2019年WHF ベイブレードバーストG1大会

2019年のワールドホビーフェアWinterの
ベイブレードバーストG1バーストカップの日程を確認しておきましょう。

今大会は、ベイブレードバースト史上初のタッグ戦が開催されます。

詳しい概要は以下の通り。

G1バーストカップ日程

会場日時
2019年1月19日(土)、20日(日)
ナゴヤドーム
2019年1月26日(土)、27日(日)
幕張メッセ国際展示場展示ホール9・10・11ホール
2019年2月17日(日)
京セラドーム大阪
今年は福岡大会がありません。

九州や山口県の方々はちょっと寂しい環境となっております。

大会参加は小学生まで

大会の参加は小学生までです。

アジア大会への出場権がかかっていますので、年齢確認ができるものをご持参ください。

Sponsoerd Link

タッグバトルトーナメントレギュレーション

タッグバトルトーナメントは各大会午前の部で開催です。

タッグバトルトーナメントはみなさん初めての体験ですね。

予選・本戦ルール、獲得ポイントなどしっかりと確認しておきましょう。

タッグバトルなので、一人での参加はできません。

友達と一緒に参加。または会場でパートナーを探しましょう!



◆予選トーナメント
・新スタジアムを使用した2対2の4人同時対戦になります。

・最後までスタジアム上で回り続けたベイを持つチームが勝利となります。
◆決勝トーナメント
新スタジアムを使用した4人同時対戦での5ポイントを先取制

・2対2の4人同時対戦を行います。

・最後までスタジアム上で回り続けたベイが勝利となります。

・勝利した選手のチームが、相手チームの負け方に応じたポイントを取得します。

・5ポイントを先取したチームの勝利です。

(ポイント取得の例)

Aチーム(A1、A2)Bチーム(B1、B2)での4人対戦にて下記の様な結果となった場合

A1:勝利

A2:スピンフィニッシュ負け

B1:バーストフィニッシュ負け

B2:スピンフィニッシュ負け

→Aチームに3ポイントが入ります。
●タッグ戦のルール

予選トーナメント、決勝トーナメント共にチーム内でのパーツの被りは禁止です。

予選トーナメントでは1人1個のベイで戦います。

●タッグ戦のルール(決勝トーナメントに関して)

決勝トーナメントでは1人2個のベイで戦います。

2個のベイをバトルさせる順番に指定のケースに入れてベイチェックを行います。

2個のベイの中に同じパーツは複数使用できません。(ゴッドチップ、レベルチップは除く)

試合中にジャッジの許可なく2つのベイの順番や組み合わせを変更する事は出来ません。

2個のベイを用意できない場合は、ジャッジより貸出ベイを1個受け取り、貸出ベイのみで全てのバトルを行います。

合計で5ポイント先取したチームの勝利となります。

バトルは決めた順番の番号同士のベイで1バトルずつ行います。

引き分けの場合、同じ番号のベイで再バトルとなります。

2回のバトルで勝敗が決まらなかった場合、再度バトルさせる順番を組み直して試合を続行します。(4回のバトルで勝敗が決まらなかった場合も同様)

同じバトルでシュートミス、フライング、後出しをチーム内で合計2回した時点で相手チームに1ポイント入り、次のバトルに移ります。

ベイブレードバースト公式サイト引用

アジアチャンピオンシップ日本代表決定戦

アジアチャンピオンシップ日本代表決定戦は各大会午後の部で開催です。

2019年5月26日に韓国で行われるアジアチャンピオンシップに出場する日本代表候補選手を各大会で決定します。

各大会優勝選手は2月17日に行われる大阪大会の代表決定トーナメントで日本代表を決定します。

注意:名古屋大会は19日、20日の優勝者で決定戦を行い、1名の代表候補を決定します。

◆アジアチャンピオンシップ地区予選

5月26日に韓国で行われるアジアチャンピオンシップへの出場をかけた予選会を名古屋、東京、大阪で開催!4名の地区代表選手は2月17日に大阪で行われるアジアチャンピオンシップ日本代表決定戦に出場できるぞ!各地区代表選手は下記の様に決定するぞ!

2019年1月19日(土)、20日(日)名古屋会場の大会優勝者1名

2019年1月26日(土)東京会場の大会優勝者1名

2019年1月27日(日)東京会場の大会優勝者1名

2019年2月17日(日)大阪会場の大会優勝者1名

1月19日(土)の名古屋大会で優勝した選手は、1月20日(日)の名古屋大会で優勝した選手とバトルを行い、勝者が名古屋地区代表選手となります。
そのため1月19日(土)の名古屋大会優勝者は1月20日(日)の名古屋大会会場にお越し頂きます。その際の交通費等の負担はご本人様の負担となります。

◆アジアチャンピオンシップ日本代表決定戦
2019年2月17日(日)の午後にはアジアチャンピオンシップに出場する日本代表選を開催!名古屋大会、東京大会、大阪大会を勝ち抜いた4名が激突!頂点に輝いた1名の選手が5月26日韓国にて開催されるアジアチャンピオンシップに出場できるぞ!
◆試合の流れ
予選、決勝共に当日募集のトーナメント方式。
<予選:トーナメント>

5次予選または6次予選まで開催。※当日会場にて発表致します。

バトルに勝ったブレーダーが勝ちあがり、負けたブレーダーは退場となります。

バトルに勝ったブレーダーは進出パスをもらい、次のスタジアムに進みます。

2次予選まではベイスタジアムワイドタイプを使用する3人対戦の勝ち抜けにて実施。

3次予選以降は2人対戦の1ポイント先取戦となります。

<決勝:トーナメント>

ブレーダー2名による3ポイント先取バトル。

決勝トーナメントから3on3バトルを導入。

スタジアムは、スタンダードスタイプを使用し、準決勝よりダブルハリケーンベイスタジアムを使用します。

上位3名を表彰、景品を授与します。

2月17日に行われるアジアチャンピオンシップ日本代表決定戦も同様のルールとなります。

17日午後の大阪地区予選の決勝は時間の都合上特設ステージでは行いません。

◆日本代表決定戦の大会方式

各地区予選を勝ち抜いた合計4名でトーナメントをおこないます。

抽選にてトーナメントの場所決めを行います。

ブレーダー2名による3ポイント先取バトルで、3on3バトルを導入します。

ダブルハリケーンベイスタジアムを使用します。

上位3名を表彰、景品を授与します。

上位1名は5月26日に行われるアジアチャンピオンシップに出場する権利があります。

ベイブレードバースト公式サイト引用

Sponsoerd Link

まとめ

ということで、ほぼ公式サイトの引用ですが、G1大会のレギュレーションのお知らせでした。

疑問なところは、必ずベイブレード公式へお問い合わせください。

 

ベイ人口が減っているとはいえ、個人戦が各大会1回だけというのがちょっと気になります。

混乱がおきなければいいのですが・・・。

Sponsoerd Link


 

▼旧一先生の改造教室はこちから▼

環境入り?エアナイトおすすめ改造とレビュー!旧一のベイブレード教室!

超Zアキレス最強改造のすすめ!ダブルオーに差がありすぎ?!旧一のベイブレード教室!