工藤旧一
どうも、どうもどうも。高校生ブレーダー 工藤旧一です。

回は期待の左回転「ツヴァイロンギヌス.Dr.Sp’ 滅」を紹介します。

結論から申し上げると、めちゃくちゃ強いです。

Sponsoerd Link


 

ツヴァイロンギヌス.Dr.Sp’ 滅


GTシリーズ初のメタルベース搭載機として登場したツヴァイロンギヌス。

レイヤーのツヴァイロンギヌス 滅は二点に重心が集まったベースとウエイトの掛け合わせになっています。

メタルベースの重量は15gで、もちろん現段階でベース最重量です。

ベースの圧倒的なアッパー刃は強烈な弾きを生みます。

ベイブレードバーストでここまで効果的に強力なアッパーを生むレイヤーはこれまでになかったと思います。

超Zに近い外側重心かつ攻撃に重みを生むメタルが弱いはずはなく、右回転でも左回転でもお構いなしにオーバーフィニッシュゾーンに叩き込むことができます。

バーストのジャッジメント、オーバーのツヴァイという感じですね。

デフォルトで使うと、Sp’による突進力で外側に動いた相手には強烈な一撃をお見舞いします。

ドライバーをラバー軸に変えてやればどんな相手にも超パワーの一撃をかませます。

オススメの使い方としては、やはり王道の攻撃軸でしょうか。

X’、Qc’のような人気の軸もよし、低さでアッパー攻撃を輝かせるJl’やVもありでしょう。

新ディスクのドレイクも26gと重量こそそこそこですがアグレッシブな形状で攻撃に輝けそうです。

また、ベイの重みをアップさせるためのChや、ジャッジメントの登場以降流行りつつあるヘルサラマンダーのXt+に有利をとれるDs’なども面白いかも。

GTがついに本気を出してきた印象があります。

ジャッジメント、ツヴァイとここまで素晴らしい攻撃性能のパーツが出てきているので、ベノム/イレイズディアボロスにもとても期待できます。

というわけで新ベイ「ツヴァイロンギヌス.Dr.Sp’ 滅」の紹介でした。

Sponsoerd Link